食べやすい美味しさを

食べやすい美味しさを

黒酢にんにくを美味しく食べたいけれど、どちらもあまり得意ではないという人も多いと思います。
どのような黒酢にんにくを選べば食べやすく、また黒酢にんにくの美味しさも味わうことが出来るのでしょうか。

ハチミツ入りで甘味をアップ


黒酢にんにくにハチミツを加え、ほのかな甘さをプラスしたものもがおすすめ。
ハチミツの甘さは優しく、黒酢の酸味をしっかりと抑えて食べやすくしてくれます。
オリゴ糖入りのものを選べば、お通じ改善にも効果を発揮します。
甘味のあるタイブの黒酢にんにくなので、おやつ感覚で食べられます。

ご飯のお供になりそうなシソカツオ


食事時に自然と黒酢にんにくを摂取したいなら、ご飯のお供にぴったりのタイプを選ぶのもひとつの手。
黒酢にんにくをシソとカツオという二大ご飯のお供と混ぜ、食べやすくしました。
料理に使用しても良いし、そのまま食べても良し。
もちろん黒酢にんにくの健康効果はそのまま。
クエン酸の含有量の多い玄米黒酢を使用するなど、その品に質もこだわっています。

シンプルに醤油漬け


とってもシンプルな醤油漬けはやはり一番人気。
しっかりと漬け込んだにんにくが食べやすさ抜群です。
黒酢の栄養素もしっかりと摂れるだけでなく、色々な料理にも使いまわせる便利さも人気の秘密。
国産にんにくの使用にこだわっているメーカーも多くありますので、
原料にこだわる人はチェックしてみて。